バストアップクリームを試す女性

当サイトについて

バストアップを目指す女性は多くいると思います。男性にもメリハリのあるボディの方が魅力的に見られやすいでしょう。今回はバストアップクリームやサプリ、また美肌になるためのケアなどもご紹介していきます。美しい肌でメリハリボディを目指したいあなたは必見です!

バストアップに効果がある7つのツボをご紹介

豊かなバストは女性の憧れです。胸に自信がなくてバストアップサプリメントを飲んだり、高い下着を買ってみた経験はありませんか?
実は、お金をかけなくても私たちの身近にバストアップアイテムがあることをご存知ですか?
それは、体にあるツボです!バストアップのカギを握るのは、乳腺を増やす役割を持つエストロゲンと乳腺を発達させる役割を持つプロゲステロンの2つの女性ホルモンだと言われています。
ツボ押しはこの2つの女性ホルモンがバランスよく分泌されるよう働きかけ、バストアップにつながります。

このバストアップに効果がある7つのツボをご紹介します。

天渓(てんけい)
乳首の高さで乳房の輪郭線の脇側にあるツボです。
乳腺を刺激すると、ハリが出ます。
左右同時にゆっくりと内側へ押します。
だん中(だんちゅう)
左右の乳頭を結ぶ線の真ん中にあるツボで、押すと少し痛いと感じる部分です。
女性ホルモンの分泌を促します。
親指を当て、その上から反対の親指を重ねて呼吸のペースに合わせて3回ほど押します。
乳根(にゅうこん)
乳頭から指2本分下にあるツボで、女性ホルモンの分泌を促し、リンパの流れを良くします。
3秒間ゆっくりと押してから3秒かけてゆっくりと離します。
中府(ちゅうふ)
鎖骨の下のくぼみの外側にあり、左右の鎖骨の真ん中からは親指6つ分外側にあるツボで、大胸筋のリンパの流れを良くします。
8の字を書くようにマッサージします。
神封(しんぽう)
左右の乳頭を結ぶ線の真ん中よりやや乳房側にあるツボで、女性ホルモンの分泌を促します。
親指を当てて少し強めに3秒ほど押します。
巨闕(こけつ)
みぞおちとお臍を結ぶ線上にあり、みぞおちから指2本分下にあるツボで、バストの血行促進効果があります。
仰向けで5本の指でゆっくりと押します。
輙筋(ちょうきん)
脇の真下から指1本分手前にあるツボで、リンパの流れを良くし、女性ホルモンの分泌を促します。
輙筋を押したりマッサージして刺激します。

ツボ押しのタイミングはいつごろがベスト?

バストアップに効果がある7つのツボの位置と押し方をご紹介したところで、続けてこれらのツボ押しはいつごろ行うのが良いかをご紹介します。
ツボ押しのベストタイミングは、ずばり血行が良くリラックスしているときです。
具体的には入浴中や入浴後に行うのが、血流もよくなっていておすすめです。

反対に、ツボ押しには向かないタイミングもあります。お酒を飲んだ時にツボ押しを行うのは控えましょう。
ツボ押し自体に血行促進やリンパの流れを良くする効果がありますので、飲酒によってすでに血行がよくなっているところにツボ押しを行うとかえって体に負担がかかってしまいます。
同じ理由でサウナに入ったときも控えます。

また、体の調子がいつもと違うときも控えます。
例えば、ツボ周辺に傷や火傷などがあるときや、風邪で熱があるときなどもおすすめできません。
体調に特に問題はなくても、食後30分~1時間は控えたほうがいいでしょう。
食後は消化のために全身の血液が消化器官に集まります。
ツボ押しで全身の血流を良くしてしまうことで、消化の妨げになってしまうと考えられるからです。

似たような理由で、生理中のツボ押しも控えます。
全身の血流がよくなることでいつもより出血量が増えたり、生理中に沈静化している女性ホルモンに働きかけることでの乱れを引き起こす原因につながる可能性があるからです。
妊娠中も気を付けなくてはいけません。妊娠中は母体もお腹の赤ちゃんも体調が変化しやすい時期だからです。

以上のことに注意しながら自分のリラックスタイムに行うのがベストタイミングと言えます。
好きな音楽を聴きながら…、その日の気分に合わせたアロマに囲まれて…など気分よくゆったりとしたツボ押しでバストアップを成功させましょう。