バストアップクリームを試す女性

当サイトについて

バストアップを目指す女性は多くいると思います。男性にもメリハリのあるボディの方が魅力的に見られやすいでしょう。今回はバストアップクリームやサプリ、また美肌になるためのケアなどもご紹介していきます。美しい肌でメリハリボディを目指したいあなたは必見です!

バストアップサプリの効果とは?危険性はあるの?

女性のコンプレックスとなりがちな胸のサイズ。今、若い女性達の間で手軽に胸を大きくすることができるバストアップサプリが人気を博しています。
このバストアップサプリには、一体どのような効果があるのでしょうか?
まず、胸のサイズは女性ホルモンの分泌量と密接に関係しています。
生理になると胸が張ったり、妊娠中にバストサイズが大きくなったりするのと同じ原理で、女性ホルモンの分泌量が通常よりも多くなるとバストアップすると言われています。
女性ホルモンが分泌されると、乳腺が刺激され大きくなります。
この乳腺を守るために乳脂肪が増え、その結果バストが大きくなるという仕組みです。

バストアップサプリもこのメカニズムを利用しています。商品によって含まれる成分に多少の違いはあるものの、バストアップサプリには「女性ホルモンと類似した働きをする成分」が含まれています。
代表的な女性ホルモンとして、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が挙げられますが、バストアップサプリに含まれるプエラリアという成分はこれらのホルモンと同じような働きを持つため、摂取することで脳が女性ホルモンが分泌されていると錯覚し、育乳を促すと言われています。これを女性ホルモン様作用と言います。

また、バストアップサプリには「女性ホルモンの分泌を促す成分」も含まれています。代表的な成分としては、美容成分としても有名なプラセンタがあります。
女性ホルモンに限らず、ホルモンはストレスや睡眠不足が原因で分泌されにくくなります。
この本来分泌されるべき女性ホルモンを活発化させる手助けをサプリが担ってくれるのです。
つまり、プラセンタが配合されているサプリは、バストアップに直接の効果はないものの、育乳をサポートしつつ美容効果も期待できる一石二鳥の商品だと言えるでしょう。

バストアップサプリの効果が出るまでの期間には個人差があります。
飲んでから数日で効果を実感する方もいれば、3ヶ月以上かかる方もいます。

バストアップサプリによっては危険性がある?

バストアップサプリは医薬品ではないため、人体への危険性は少ないと言われています。
しかしながら、体質によって副作用が出る方もいるので注意が必要です。

副作用の主な症状としては、頭痛、体のむくみ、吐き気、腹痛、生理不順、不正出血などが挙げられます。
これはサプリメントに含まれる女性ホルモン様作用のある成分によって引き起こされる症状です。
特に、バストアップサプリによりホルモンバランスが急激に崩れると、子宮内膜の一部が剥がれ、それが出血という形で排出され、不正出血が起こりやすくなると言われています。

バストアップサプリを摂取する際に大切なことは適正量を守ることです。
早く効果を得たいからといって適正量よりも多く摂取すると、副作用が起こるリスクが高まります。
安全に効果を得るためにも、商品ごとに決められている適正量を必ず守りましょう。
また、初めて摂取する際は、副作用のリスクを下げるために、適正量の半分程度の量から試し飲みすることをおすすめします。
また、サプリの形状によって効率的に成分を吸収できる体の状態が異なるため、摂取するタイミングも決められたものを守るようにしましょう。
用量・用法を守ることは、副作用のリスクを下げるだけでなく、サプリの効果を最大限に発揮することにもつながります。

万が一、バストアップサプリの摂取後に生理不順や不正出血などの副作用が起きてしまった場合は、一度サプリの使用をやめ、レディースクリニックなどの専門医や、サプリの製造会社のコールセンターにアドバイスをもらうことをおすすめします。
ただし、副作用が起こるということはサプリメントが正常に作用している証拠でもあります。
生活に支障をきたすほどのものでなければ、過剰に心配する必要はありません。

バストアップサプリの詳細情報はこちらをご覧ください。