バストアップクリームを試す女性

当サイトについて

バストアップを目指す女性は多くいると思います。男性にもメリハリのあるボディの方が魅力的に見られやすいでしょう。今回はバストアップクリームやサプリ、また美肌になるためのケアなどもご紹介していきます。美しい肌でメリハリボディを目指したいあなたは必見です!

美肌と睡眠の因果関係とは?質の良い睡眠について

きめ細かくハリと透明感のある美しい肌は誰にとっても憧れです。
美肌をキープするためにはスキンケアに気を使う事ばかりでなく、栄養や睡眠のとり方が実はとても重要なカギになるものです。

とかく現代社会は夜型の生活になっている人が多く、夜にはきちんと睡眠をとるという、人間の体に最も大切な基本的な生活習慣を軽んじていることが原因で体に様々な影響が出ていると言われています。

睡眠を十分にとらない事による体への影響の一つに美肌との関係も挙げられます。
肌は内臓を映す鏡と言われるように、睡眠不足が原因と思われる体の不調は結果的に肌にもその影響が現れる事になります。

本来人間の体というのは体内時計によって覚醒と睡眠を切り替えて生活しているので、朝起きて活動し、夜には眠くなるようにできています。
具体的には朝起きてから14時間から16時間くらい経過すると体内時計の働きによってメラトニンが多く分泌され、徐々に体が睡眠へといざなわれるようになっています。

一例として朝6時に起床した場合、夜の9時ぐらいからメラトニンの分泌が始まり、脳や体が睡眠のための準備を始めます。
そしてメラトニンが体内に蓄積されることで眠気が起こり、やがて自然に眠りにつくというメカニズムです。

忙しい現代人は規則正しい睡眠時間を確保するのが難しい人も少なくないのですが、たとえば休日お昼まで眠ってそこで初めて太陽光を浴びると、そこから体内時計がスタートすることとなり、結果的にメラトニンの分泌が始まるのも夜中の3時過ぎからとなると、いくらいつも通りに寝ようとしても良い睡眠が得られなくなります。

そして結果的に成長ホルモンの分泌量も低下し、肌のターンオーバーのサイクルも乱れがちになり、美肌を保つための条件を考えれば悪いことだらけになってしまう事になります。
成長ホルモンは成長期の子供ばかりでなく体の新陳代謝を促して美肌を維持するためにとても重要で、女性の大敵シミやしわなどの防止にも欠かすことができません。

お肌のゴールデンタイムとは

美肌作りに欠かせない美容習慣を語るとき、お肌のゴールデンタイムという言葉がよく出てきます。
お肌のゴールデンタイムと言うのは美容ホルモンでもある成長ホルモンが一日の中で最もたくさん分泌される時間帯のことを指します。
これは眠りに入ってから3時間後までの時間を指すもので、かつて言われてたように必ずしも夜10時から夜中の2時くらいまでの時間帯をゴールデンタイムと呼ぶものではないと解釈されるようになっています。

睡眠はそもそも1回のサイクルが90分と言われ、眠りについて最初の睡眠3時間、つまり睡眠サイクル2回分がいわゆるゴールデンタイムにあたるというのが現在では一般的です。
この睡眠2サイクル分の時間帯に一日の中で成長ホルモンが最も多く分泌されるため、眠りについた後の3時間は眠りの質にこだわる必要があると言う事です。

美肌に欠かせない成長ホルモンと言うのは成長期の子供の体作りだけでなく大人になってからも体のあらゆる部分の代謝を促すために欠かせないホルモンの一つで、成長ホルモンが不足すれば肌の新陳代謝も鈍り肌のターンオーバーのサイクルも乱れて様々な肌トラブルを招くことに繋がります。

成長ホルモンをなるべくたっぷりと分泌させるためには眠りについてから3時間以内に質の良い深い睡眠をとることが大切です。
そして質の良い睡眠をとりやすくしてメラトニンの分泌を増やすためには、眠りにつく1時間前にはテレビやパソコン、スマホなどの画面から離れ、部屋を暗めにしてリラックスするようにしましょう。

休日の昼間に寝だめをするというのは、睡眠のサイクルが乱れて夜の睡眠の質を下げさせる結果につながりかねません。
そのため休日の昼間にリラックスしながら昼寝をするのだとしても、せいぜい20分程度の睡眠にとどめるようにするのがおすすめです。